原美術館 「光―呼吸 時をすくう5人」展


2021年1月11日(月祝)の会期終了をもって閉館となる原美術館の「光―呼吸 時をすくう5人」展に行ってきた。以前訪れたのが10年以上も前のやなぎみわ展。渡辺仁設計の1938年に建てられた洋館建築で、前回訪れた時も建物の素敵さに惹かれて館内の写真を撮ったが、まだスマホの出てない時代にガラケーで撮った写真なので、酷く画質が悪い。今は館内撮影禁止になっている。

原美術館 「光―呼吸 時をすくう5人」展

原美術館 Hara Museum of Contemporary Art
住所:〒140-0001 東京都品川区北品川 4-7-25

キース・ヘリングを思い出させる模様の石畳。これも竣工当時のものだろうか。

原美術館 「光―呼吸 時をすくう5人」展 原美術館 「光―呼吸 時をすくう5人」展

「光―呼吸 時をすくう5人」展
出展作家:今井智己、城戸保、佐藤時啓、佐藤雅晴、リー・キット

美術展鑑賞自体が久しぶりなこともあって、佐藤時啓さんの写真を久しぶりに拝見。既に終了しているが、「リヤカーメラ」というのが面白そう。城戸保さんの作品は初見、凄く色が好きな感じだ。今井智己さんのリトルモアの写真集「光と重力」を会場で見て惹かれる。半円形の部屋でドビュッシーのピアノの自動演奏。これは佐藤雅晴さんの「東京尾行」の作品のモチーフにもなっている。年季の入ったヘリンボーンの板張りの1階の床が印象深い。

1階のトイレを改造した小部屋に森村泰昌の人形作品《輪舞》(1994年)あり。トイレットペーパーホルダーが残っていて、便器が肌色になってる。

カーブを描いだ2階の細い廊下は宮島達男の展示。

3階のタイルの小部屋(ジャン=ピエール・レイノー作品)はトイレに見えるが、自邸も白タイルに覆い尽くされているらしい。

中には煉瓦造りの蔵があり、イサム・ノグチの彫刻作品などが展示されている。カフェはそこまで混んでいなかったが、利用しなかった。

2階から見ろせる中庭にも行ってみたかった。会場入口前の庭にはどんぐりが落ちていて、庭師さんが枯葉集めをしていた。

原美術館 「光―呼吸 時をすくう5人」展

ピンクの公衆電話が残ってる。通話できるのか確かめるのを忘れてしまった。そういえばミュージアムショップで50度数の原美術館オリジナルテレホンカードが1000円で売られていたな。今買っても使いみちなさそうだけど。

原美術館 「光―呼吸 時をすくう5人」展 原美術館 「光―呼吸 時をすくう5人」展

「光―呼吸 時をすくう5人」展 の図録は2800円と高かったが、原美術館の館内で撮影した写真作品も収められていた。ミュージアムショップ単独での訪問は不可とのこと。

 

 

全国(県別) > 関東 > 東京都 > 23区 > 品川区 >
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com