高尾駅 4番線 レンガ積みプラットホーム JR中央本線


高尾駅が開業した当時の明治34年(1901年)は、デッキにステップのついた列車のみが発着しており、ホーム高は今より低かった。その後ステップ不要の車両に対応するために、ホームはかさ増しされた。現在の高尾駅のホームは土台はすべて甲武鉄道時代に作られた煉瓦積みのもの。ただし外壁が塗りつぶされていて、煉瓦が確認しづらくなっている。2番線ホームは塗装の剥がれ落ちた部分からレンガ積み部分の土台を確認できるが、4番線ホームの煉瓦はむき出しになっている(南口から確認可能)。高尾駅だけでなく、相模湖駅や鳥沢駅四方津駅などでも甲武鉄道時代の煉瓦ホームが確認できる。

Google MapsMapFan

高尾駅 4番線 煉瓦積ホーム JR中央本線

全国(県別) > 関東 > 東京都 > 八王子市 >
鉄道(路線別) > JR東日本 > 中央本線 > 甲武鉄道(廃止) >
鉄道(路線別) > JR東日本 > 中央線 > 高尾駅 >
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com